警備員のアルバイトが初めてのアルバイトでいろいろな警備を!

学生時代に警備員のアルバイトをしていました。このアルバイトが初めてのアルバイトでした。競馬場の警備員、イベント・コンサートの警備員をしていました。
競馬場の警備員では、競馬場周辺の違法駐車の車を排除する仕事がメインでした。本来は駐車場に止めて、競馬場へ行くのですが、駐車料金が取られるのが嫌なのか、少し遠くの道路で駐車して歩いていく人たちに注意をし、車を移動してもらう仕事をしていました。

なかなか思うようには仕事が進まず、ストレスが溜まるアルバイトでした。しかし、経験を重ねていくと、コツが分かってきて、結構時間を掛けなくても、違法駐車の車を排除することができるようになりました。

3年目に、駐車場の警備を任されました。無料の駐車場だったので、開場時間近くになると、入り口付近に車が集まってきて、その車を排除するのが大変でした。完全に駐車場の警備を上司から任されていたので、私の加減ひとつで変わってくるので、責任重大な仕事でした。毎回警備本部に駐車した車の台数を1時間単位で報告しなければいけなかったので、かなり大変でした。

警備をしていて、いろんな性格の人とのコミュニケーションが求められるので、結果、コミュニケーション能力が身に付いたかと思います。
また、他にもイベント・コンサートの警備員もあり、Jリーグの試合の警備、コンサートの会場周辺の警備がメインでした。他にも花火大会などのイベントの警備もしました。Jリーグの試合の警備では、競馬場の警備同様、会場周辺の違法駐車の車の排除をする仕事がメインでした。